悪質商法

キャッチセールス、訪問販売、電話勧誘販売等で必要のない商品やサービスを契約してしまった、という場合、あるいは説明と商品・サービスが大きく違っていたとか、マルチ商法にはまってしまった、などの場合、特定商取引法もしくは割賦販売法のクーリングオフや消費者契約法の取り消しなどで契約を取り消すことができる場合があります。クーリングオフの期間を過ぎていても、契約解除が可能な場合がありますので、あきらめずにご相談ください。

エステや語学学校と契約をしたけれども途中解約したら、ほとんど返金されないなどの場合、特定商取引法に違反している可能性があります。おかしいと思ったら、ご相談ください。

                                 

▲このページのトップに戻る