1. 会社設立登記

会社の種類

会社法では、出資者のことを「社員」といいます。

  合名会社 合資会社 合同会社 株式会社
社員 1人以上 2人以上 1人以上 1人以上
責任 無限責任*1

無限責任社員*1

有限責任社員*2

有限責任*2 有限責任*2
最低資本金 規定なし 規定なし 規定なし 規定なし

*1: 会社の債務につき、社員(出資者)個人が責任を負います。個人資産を使ってでも、債務を返済しなければなりません。

*2: 社員は出資額(資本金)を限度として会社の債務に責任を負います。個人資産を使って会社の債務を返済する必要はありません。(会社の保証人になっている場合を除く。)

定款の作成

会社を設立するに際して、会社の最も基本となる規則を定める定款を作成しなければなりません。当事務所では、最新の法令に準拠した定款の基本書式を用意しておりますので、ご要望に応じて作成し、株式会社の場合必要となる公証人の認証も取得致します。

電子定款の作成 会社設立に際して作成する定款につき、電子ファイルで作成すれば、4万円の収入印紙は不要となり、経費を節約できます。

定款で定めるべき事項(株式会社の場合)

■        商号(会社の名前)

■     本店所在地

■        目的(会社の事業内容)

■        発行可能株式の総数(上限)

■        設立時に発行する株式の総数

■        会社が公告をする方法(株主への通知事項)

■        取締役の任期

■        決算期

■        発起人の氏名・住所

 

会社設立の手続き

(株式会社の場合)

 商号、目的、本店所在地(市区町村)の決定

       ↓                                                                                 

類似商号の調査                                         

              ↓                                                                                 

定款の作成(会社代表者印の発注)                                           

       ↓                                                                                 

公証人による定款の認証

        ↓

金融機関への資本金の払込み

               ↓

取締役(及び監査役)による調査報告

               ↓

設立登記の申請(会社の設立の効力発生)及び代表者印の届出

▲このページのトップに戻る