債務整理をしたい場合

ご自分の自宅もしくは勤務先の近くの事務所に依頼した方が良いと思います。何回か通うことになりますので、遠い事務所では不都合です。また、破産・個人再生など、本人の住所地を管轄する裁判所に申立書を提出することになりますので、裁判所管轄内の事務所ならばその裁判所の運用をよく知っていますので、好都合です。司法書士・弁護士本人が面接せず、事務員に面接を任せている事務所はお薦めできません。また、過払金回収の報酬は安く設定されていて、債務が残ったり、破産・再生事件の報酬が高く設定されている事務所は、営利本位の事務所である可能性が高く、ご本人の個別の事情をよく検討した上で最適の解決策を提示してくれるとは限りませんので、要注意です。

民事事件を依頼したい場合

一般的な民事事件は、どこの事務所も手掛けているとはいえません。それぞれの事務所によって得意分野が異なりますので、司法書士会で紹介してもらったり、インターネットのホームページを見て、どのような業務を中心にしているか、などを調査してから相談に行かれた方がよいと思います。

登記の申請を依頼したい場合

不動産登記・商業法人登記とも、どこの司法書士事務所でも行いますし、どこの事務所に依頼しても、同じようにできます。訴訟のように勝ったり負けたり、ということはありません。しかし、費用だけで選んでも良いものでしょうか?登記をして終わり、だけでなく、それ以外の法律的なアドバイスを受けられる事務所を選んだ方が、有益な情報を得られるというメリットがあります。たとえば、将来法的な紛争が起こらないような契約書・遺産分割協議書を作ってもらい、アドバイスを受けられる事務所を選ぶ、ということも重要な事務所選びのポイントです。

▲このページのトップに戻る